鹿児島県 東串良町

鹿児島県 東串良町(ひがしくしらちょう)の公式noteです。移住コーディネーターや地域おこし協力隊がそれぞれの目線で、まちの魅力とストーリーをご紹介します。

鹿児島県 東串良町

鹿児島県 東串良町(ひがしくしらちょう)の公式noteです。移住コーディネーターや地域おこし協力隊がそれぞれの目線で、まちの魅力とストーリーをご紹介します。

    ウィジェット

    マガジン

    • 移住 記事まとめ

      地方移住に関する記事をまとめています。

    • 東串良未来会議

      地域の方々がまちの課題と理想の未来に向けたまちのビジョンを描き、チームに分かれて、まちづくりの取り組みを考え、小さな一歩を踏み出すプログラムです。

    • 農林水産 記事まとめ

      農林水産に関する記事をまとめています。

    • 東串良町おすすめnote

      東串良町についてみなさんが書いた、ぜひ読んでいただきたいおすすめ記事です。

    • 東串良SUMOU!!チャレンジ

      全国の中高生が鹿児島県東串良町の課題に取り組む、政策アイデアコンテスト

    記事一覧

    固定された記事

    鹿児島県東串良町公式noteはじめます。

    はじめに はじめまして! 鹿児島県 東串良町(ひがしくしらちょう)の企画課、広報担当です。 この春から、町の公式noteが始まります! 東串良町ってこんなところ九州…

    農家さんが休める体制がスタート!!

    発足式2022年3月22日 東串良町保健センターにて、「肉用牛定休型ヘルパー組合」発足式が執り行われました。             (宮原町長と稲村組合長)    …

    田の神様

    鹿児島 東串良町に移住をして、今まで住んでいた横浜とは違う景色がたくさんある。 その中の一つは、一面にひろがる田園風景。そしてそれを見守る「田の神様」aka「タノカ…

    移住して知った鹿児島の焼酎文化の話②「黒千代香、芋、麹」 

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 トップの画像は、お茶を入れる時の急須にも見えますが、焼酎に関わる道具で、黒千代香(くろぢょか)、と言います。 居酒屋…

    「水割り、お湯割り、前割り」 移住で知った鹿児島の焼酎文化の話①

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 鹿児島に移住して、はじめて見たもののひとつが、たいていの居酒屋さんに標準装備されている「お湯割り用のグラス」です。 …

    【終了しました】1.22(土)鹿児島移住セミナーに出展します!【参加無料・オンライン】

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 鹿児島移住セミナー開催のお知らせです。 オンライン開催なので、全国どこからでもご参加可能です! 鹿児島での仕事、日々…

    ローカルの公園が、ゆったりと過ごしやすかった話。

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 移住と公園は実は関係が深くて、東串良町も情報掲載している移住プラットフォームLIFULLさんの記事でも、子育てする環境とし…

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める⑦

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向…

    鹿児島県 東串良町 特産品     「冷凍生しらす」

    鹿児島県 大隅半島にある小さな町 「東串良町」 ピーマン・きゅうりの農業が盛んであることと、畜産が盛んな事で知られている町。ピーマン・きゅうりと和牛に隠れて「し…

    鹿児島県東串良町にUターン移住して、実家の酒店を継業した話[児玉憲介さん@児玉酒店]

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 鹿児島の方言に「だれやめ」という言葉があります。 「疲れ(だれ)を、止め(やめ)る」。 焼酎の晩酌で、心身の疲労を回…

    ピーマン・きゅうり初荷出発式

    11月10日に選果場で初荷出荷式なるものをみてきました。 この間まで暑さがいつまでつづくのか?と思っていたら、今日は冷たい風が強く吹き一気に冬が来たような寒さでした…

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める⑥

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向…

    鹿児島県東串良町にUターン移住して、創業した花屋さんの話。[田中幸積さん@花屋 幸積]

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 「まち」という言葉を思い浮かべる時、何かとても抽象的な大きな概念のように感じてしまいます。 ですが、よくよく考えて見…

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める⑤

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向…

    合宿などにおすすめ!  「豊栄ひっとべ館」に泊まろう。

    みなさん、こんにちは。移住支援コーディネーターです。 令和3年4月に発出された緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置は、 同年9月30日をもって全都道府県で解除されまし…

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める④

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向…

    固定された記事

    鹿児島県東串良町公式noteはじめます。

    はじめに はじめまして! 鹿児島県 東串良町(ひがしくしらちょう)の企画課、広報担当です。 この春から、町の公式noteが始まります! 東串良町ってこんなところ九州最南端、鹿児島県本土の東部中央にあり、人口は約6,500人。 周辺に鹿屋、都城といった買い物や子育てに便利な商業地域があると同時に、海・山・空の自然に囲まれた町です。 また、鹿児島県内にはJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)のロケット打ち上げ基地が2つあります。 今回、トップ画像に使わせて頂い

    スキ
    194

    農家さんが休める体制がスタート!!

    発足式2022年3月22日 東串良町保健センターにて、「肉用牛定休型ヘルパー組合」発足式が執り行われました。             (宮原町長と稲村組合長)                                 (農林水産課 松倉氏) ヘルパー組合とは??生き物が相手の為、「一日休む」ことは中々難しいのが現状です。 その為、農家さんが休む事ができるように、代理で一日牛の世話をしますよ!というものです。組合には登録している農家11名と地域おこし協力隊・作業を担

    スキ
    37

    田の神様

    鹿児島 東串良町に移住をして、今まで住んでいた横浜とは違う景色がたくさんある。 その中の一つは、一面にひろがる田園風景。そしてそれを見守る「田の神様」aka「タノカンサァ」 田の神様は、五穀豊穣を願う為に祀られています。 呼び名は違うが作物を見守る神として全国に点在する。 田の神様は ・衣冠神像型 ・仏像型 ・僧侶型 ・田の神舞型 ・農民型 東串良町は僧侶型 農民型に分けられます。 町の田の神 現在16体の田の神様が現存していて、新川西の田の神様は、有形民俗文化財として

    スキ
    54

    移住して知った鹿児島の焼酎文化の話②「黒千代香、芋、麹」 

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 トップの画像は、お茶を入れる時の急須にも見えますが、焼酎に関わる道具で、黒千代香(くろぢょか)、と言います。 居酒屋さんの店名になっていることもあるくらいで、鹿児島の文化と伝統に深く根ざしている道具だと思います。 本当は現地にお越しいただいて、鹿児島の焼酎文化を体験していただければと思うのですが、時節柄、なかなか鹿児島に訪れるのが難しい状態が続いています。 ですので、せめてご自宅で鹿児島に触れる機会になればと思い、今回の記事

    スキ
    49

    「水割り、お湯割り、前割り」 移住で知った鹿児島の焼酎文化の話①

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 鹿児島に移住して、はじめて見たもののひとつが、たいていの居酒屋さんに標準装備されている「お湯割り用のグラス」です。 グラスによってパターンはありますが、5:5とか6:4などの「このラインで作ると、いい感じになるよ!」という目安線が書いてあります。 鹿児島に移住してきたばかりの頃、お湯割りを頼まれた時に『このグラスがあるから大丈夫だろう』と、水割りと同じ手順でお湯割りを作ろうとしたら正しい作り方を地元の方が教えてくださったことが

    スキ
    187

    【終了しました】1.22(土)鹿児島移住セミナーに出展します!【参加無料・オンライン】

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 鹿児島移住セミナー開催のお知らせです。 オンライン開催なので、全国どこからでもご参加可能です! 鹿児島での仕事、日々の暮らし、困りごとなど・・・ 南国・鹿児島ならではの移住生活について、リアルで役立つ情報をお届けします! ◎鹿児島県の魅力あふれる11市町村が参加する移住セミナーとなります。鹿児島での仕事や暮らし方を知ることができる移住セミナーです。 ◎コロナ禍の今、移住を検討されるにあたって鹿児島に足を運ぶのもなかなかタ

    スキ
    31

    ローカルの公園が、ゆったりと過ごしやすかった話。

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 移住と公園は実は関係が深くて、東串良町も情報掲載している移住プラットフォームLIFULLさんの記事でも、子育てする環境として最も重視したいのは「公園」というデータがあります。 また、ネットで「公園」で検索しようとすると「公園  混雑」がサジェスト(予測変換)で出てきます。 都市部と地方の公園事情には、大きな違いがあるように思います。 そこで一例として、町内の公園に行ってみました。 役場から車で3分。外周は、ウォーキングやラ

    スキ
    36

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める⑦

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向けたまちのビジョンを描き、チームに分かれて、まちづくりの取り組みを考え、小さな一歩を踏み出すプログラム『東串良未来会議2021』の第7回が、感染症対策に配慮しながら対面にて開催されました。 最終回となる今回のテーマは「伝える・振り返る」(報告会)です。 なお、前回(第6回)の様子はこちらです。 いま、できるこ

    スキ
    20

    鹿児島県 東串良町 特産品     「冷凍生しらす」

    鹿児島県 大隅半島にある小さな町 「東串良町」 ピーマン・きゅうりの農業が盛んであることと、畜産が盛んな事で知られている町。ピーマン・きゅうりと和牛に隠れて「しらす」があることはまだ広く知られていない。 「しらす」というと、自分は横浜から移住してきたので湘南をすぐに思い出した。夏の週末に江の島方面へ行くと首都圏の人があふれんばかりに一瞬ですぎさる夏を満喫しにきていた光景を思い出す。 湘南という名前だけでも,ブランドとして確立しているところでもある。名前の響きが爽やかでお

    スキ
    38

    鹿児島県東串良町にUターン移住して、実家の酒店を継業した話[児玉憲介さん@児玉酒店]

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 鹿児島の方言に「だれやめ」という言葉があります。 「疲れ(だれ)を、止め(やめ)る」。 焼酎の晩酌で、心身の疲労を回復して明日の活力を養おう。 鹿児島の人たちの、焼酎に対する思いが感じられる言葉です。 今回は、一昨年東串良町にUターン移住し、実家の酒店を継業した児玉憲介さんにインタビューしました。 (この記事は、広報東くしら(令和3年1月号)の記事を、note掲載にあたり加筆・編集したものです) 港町の風情が感じられる柏

    スキ
    29

    ピーマン・きゅうり初荷出発式

    11月10日に選果場で初荷出荷式なるものをみてきました。 この間まで暑さがいつまでつづくのか?と思っていたら、今日は冷たい風が強く吹き一気に冬が来たような寒さでした。そんな中で、JA鹿児島きもつき東串良選果場にてピーマン・きゅうりの初荷出荷式がありました。 鹿児島県東串良町のピーマン・きゅうりは「鹿児島ブランド」に認定されています。今年のピーマン・きゅうりは自然災害などの影響も少なく無事に出荷できるとの事だそうです。 (写真)東串良町 宮原町長の挨拶 東串良町の農家さ

    スキ
    11

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める⑥

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向けたまちのビジョンを描き、チームに分かれて、まちづくりの取り組みを考え、小さな一歩を踏み出すプログラム『東串良未来会議2021』の第6回が、感染症対策に配慮しながら対面にて開催されました。 今回のテーマは、「伝え方を学ぶ」(中間報告/情報発信)です。 (なお、前回(第5回)の様子はこちらです。) 第6回(11

    スキ
    12

    鹿児島県東串良町にUターン移住して、創業した花屋さんの話。[田中幸積さん@花屋 幸積]

    こんにちは。移住支援コーディネーターです。 「まち」という言葉を思い浮かべる時、何かとても抽象的な大きな概念のように感じてしまいます。 ですが、よくよく考えて見ると「ひと」の集合体がまちだという当たり前のことに気がつきます。 その地域に住む人をはじめ、仕事や学校などで通ってくる人、遊びに来る人、旅行者、帰省者…….関わり方やその時間は様々ですが、それがまちになるのだと思います。 今回は、一昨年東串良町にUターン移住し、花屋「幸積」を開業した田中幸積さんにインタビューしま

    スキ
    25

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める⑤

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向けたまちのビジョンを描き、チームに分かれて、まちづくりの取り組みを考え、小さな一歩を踏み出すプログラム『東串良未来会議2021』の第5回が、オンラインにて開催されました。 今回のテーマは、「企画を磨き、実践する」です。 (なお、前回(第4回)の様子はこちらです。) 第5回(10月23日)今回のプログラムは 『

    スキ
    10

    合宿などにおすすめ!  「豊栄ひっとべ館」に泊まろう。

    みなさん、こんにちは。移住支援コーディネーターです。 令和3年4月に発出された緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置は、 同年9月30日をもって全都道府県で解除されました。 これにより、衛生管理に配慮しながらも合宿などを再開する学生さんなども増えているのではないでしょうか。 そんなみなさんにおすすめなのが、鹿児島県東串良町に建つこちらの宿泊施設です。 1日1組限定 豊栄ひっとべ館は、”自分たちで出来る町おこし”を合言葉に、東串良町の豊栄集落にある商店街で活動する「豊栄ひ

    スキ
    17

    まちと自分の暮らしの未来を描く。いま、できることから始める④

    こんにちは、移住支援コーディネーターです。 「まちと自分の暮らしの未来を描く」 「いま、できることから始める」 を合言葉に、地域の方々がまちの課題と理想の未来に向けたまちのビジョンを描き、チームに分かれて、まちづくりの取り組みを考え、小さな一歩を踏み出すプログラム『東串良未来会議2021』の第4回が開催されました。 今回(10/9)は「理想の未来に向けた企画と最初の一歩を考える」をテーマに、対面開催され、10名が参加しました。 (なお、前回(第3回)の様子はこちらです。

    スキ
    12